アレルギー 喘息 健康法

アレルギー(特に喘息)についての情報です。 発生メカニズムや対処法、民間療法を載せています。 あわせて、関連する健康法も書いています。

顔剃りで咳が激減

咳がひどくなってきました。
原因を考えると、修了式が近くなって、実習スケジュールが終わるかどうかヤキモキしているのと、
学術講演会の準備を一人でやっていて上手くいくかどうか心配なのと、加えて私も講演をやることになっています。

まあ、そこそこに慣れているので、ストレスを感じるようなことはないと思うのですが、10年ぶりにこの仕事に戻ったのでストレスになっているのかもしれません。
それと、寒さが戻ってきたのも原因の一つかもしれません。

講演会の前日に、この咳の状態だとまともに講演ができないと思い、呼吸器科を受診して相談し、ロイコトリエン受容体拮抗薬である「シングレア」という薬を7日分処方してもらいました。

その帰りに、久しぶりに講演をやることだし、と思って散髪屋に顔剃りに行きました。
散髪はいつもカットのみで、顔剃りは何年ぶりでしょう?ていうくらい久しぶりです。

顔そりをやってくれたのは、かわいらしい女の子で、あまりの気持ちよさに寝てしまいました。
顔剃りの後は、頭・首・肩を軽くマッサージをしてくれました。

終わった後は、疲れが取れた感じがして、体が楽になりました。
そうしたら、咳が激減したのです。

一応、その夜は、病院でもらった「シングレア」を飲みました。

おかげで、講演会と講演は無事に終わりました。


それで、その4日後の修了式があったのですが、「シングレア」は飲まないことにしました。
修了式の前日に、整体院をやっている友人にマッサージをやってもらいました。

やってもらいながら、ずいぶん凝っているなあ、とわかりました。
終わった後は、体が非常に楽になりました。体の力を抜くことを気を付けているのに、出来ていないんだなと感じました。

体の緊張(凝り?)と咳が関係していることが良くわかりました。
2日前、例の呼吸器科に受診して、この話をしましたが、信じられないというように、先生は首をひねっていました。
先生は、「証明されていない」と言いましたが、今回、私の体が証明したんですえどね。

宮入菌

カゴメの植物性乳酸菌ラブレの錠剤は、そんなには安くはありません。
とりあえず1週間分を買って飲んでみました。
前回のブログにも書いたように、オリゴのおかげも一緒に飲み始めました。

翌日から効果が出てきました。
ビックリするやら、うれしいやら。
お腹がゴロゴロ活動しています。
オナラもよく出ます。音なしです。

飲み始めて2日後から、柔らかい便が毎日のように出ます。

それで、ラブレの替わりになる様なものを探しました。
ビフィズス菌は、腸まで達するのが少ないそうですし、
原料が牛乳であるのが、気がすすまないし。

それで、宮入菌というのをネットで見つけました。
酪酸菌だそうで、これも腸内細菌のバランスを調整するそうです。
胃液の影響を受けなく、腸まで達っします。

比較的安いので、ネットで注文しました。

飲み始めて2週間経ちました。
便は毎日ではありませんが、比較的柔らかめの便が出ます。
腸もゴロゴロ動きます。
オナラは臭くありません。

なかなか良いのではないでしょうか。

植物性乳酸菌ラブレ+オリゴのおかげ

光岡知足著「老化は腸で止められた」を読みました。
あらためて、「腸」が正常であることが重要であると再認識しました。

私が傾倒している甲田光雄先生の考えも、「腸」を重要視していて、少食療法、断食療法を勧めています。

私もやっていますが、週1回の断食も完全にはなかなか出来ません。
「食欲」という本能は、物凄く強いものだということがわかりました。

「老化は腸で止められた」には、腸内の善玉菌である「乳酸菌」を増やすという方法が書かれています。
断食よりは、はるかに楽です。

著者は、ヨーグルトを勧めていますが、ほとんどの乳酸菌は腸に達する前に死んでしまう、ということを聞いたことがあります。

カゴメ株式会社の植物性乳酸菌「ラブレ」は腸まで達するということなので、薬局で錠剤を買いました。
牛乳は、健康に良くないと思っていますので、これも「ラブレ」にした理由です。
「老化は腸で止められた」は古い出版ですので、現在であるなら、著者もラブレを勧めたかもしれません。

ラブレのついでに、オリゴ糖の「オリゴのおかげ」も買いました。オリゴ糖は、腸内の乳酸菌の栄養になるもので、このオリゴ糖だけを飲んでも、腸内が改善されるそうです。

「大地」の宅配

食品の宅配で歴史のある「大地」に申し込みました。
野菜を中心に、果物を少し足したベジタセットがあり、私はMサイズを頼みました。
中身はお任せです。週に1回です。

届いた商品はリストがあり、生産者の名前と、農薬の使用状況が書いてあります。
農薬の使用状況は生産者によって異なります。
使用していないものもあれば、数回使ったものもあります。有機と書いてあるものもあります。

いつも買っている、近くの八百屋の野菜類は、
たぶん、この大地の野菜より、多くの農薬を使っているのでしょう。

大地の野菜と果物は、味・歯ざわりは違うようです。
もしかして、「大地」のモノは良いという先入観があるからでしょうか。
私は、毎日、生野菜ジュースを創って飲むのですが、そのとき、つまみ食いをします。
先日届いたセロリは、ビックリするほど甘く感じました。
また先週届いたブロッコリーも、非常に甘く感じました。
近くの八百屋で買うセロリとブロッコリーでは感じたことがない甘さでした。

もちろん、割高です。

アレルギー 喘息 健康法 カテゴリー別 更新記事一覧

NAET-ナンバドリパッドのアレルギー除去技術

NAETの治療法 NAETの筋肉反応検査 NAETの理論 NAET(ナンバドリパッドのアレルギー除去技術)

「究極の免疫力」西原克成著

口呼吸がアレルギーの元-鼻呼吸 ミトコンドリアが活性化するような生き方 アレルギーなど免疫病の本当の原因 冷たいものの飲食がアレルギー、病気の元 アレルギー、病気を治すには

アトピー性皮膚炎

副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を使っている場合 アトピー性皮膚炎、根治の切札は生菜食 糖分はアトピーの大敵 アトピーの生野菜の摂り方 アレルギー・アトピーを治す生菜食療法の好転反応

アレルギー 病気

接触過敏症 薬剤アレルギー アレルギーとは アレルギー様症状の調査 アレルギーという言葉の意味

アレルギー 薬

ストレスと副腎皮質の機能 抗ヒスタミン薬 抗アレルギー薬 気管支拡張剤 ステロイド剤の副作用

アレルギーという病気

増加するアレルギー アレルギーマーチ Ⅰ型アレルギー Ⅳ型アレルギーとは 粘膜とアレルギー

アレルギーに効く食事と手当て

アレルギー・喘息には少食主義 アトピー性皮膚炎の手当て アレルギーに効く手当て法 せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

アレルギーに関わる免疫とは

免疫寛容のメカニズム サイトカイン NK細胞 リンパ球の分担役割 B細胞が作る5つの抗体

アレルギーの対処法

スキンケア アレルゲンの除去2 アレルゲンの除去 1

アレルギーの検査

アレルギーの検査3 アレルギーの検査1(血液検査)

アレルギーの治療

オーダーメイド医療 抗ヒスタミン薬 抗アレルギー薬 気管支拡張剤 ステロイド剤の副作用

アレルギーを治すアロマセラピー

アレルギーを治すアロマセラピー その3 アレルギーを治すアロマセラピー その3 アレルギーを治すアロマセラピー その2 アレルギーを治すアロマセラピー

アレルギーを治すイメージ療法

イメージ療法とは2 イメージ療法とは

アレルギーを治すホメオパシー

ホメオパシーとは

アレルギーを治す食事療法(実践記録)

宮入菌 アレルギー治療の実践記録(100123) アレルギー治療の実践記録(100111) アレルギー治療の実践記録(100102) アレルギー治療の実践記録(091220)

アレルギーを進化医学でみると

進化医学からみたアレルギー

アレルギー・喘息治療の民間療法

半断食-鶴見式半断食 断食療法・生菜食療法によるアレルギー・喘息の治療 宿便が出ると、アレルギーが治る アレルギー・アトピーを治す生菜食療法の好転反応 アレルギー・喘息には少食主義

アレルゲン

アレルゲンの除去2 アレルゲンの除去 1 アレルギーの検査2 吸入性アレルゲン

テレビ番組

9月10日放送の「主治医が見つかる診療所」 主治医が見つかる診療所-しびれ

ハーブによる治療法

アーユルベーダーの薬草学 肌のためのハーブ 呼吸器系のハーブ その4 呼吸器系のハーブ その3 呼吸器系のハーブ その2

健康エッセイ

顔剃りで咳が激減 気管支喘息が、ヒーリングオーラで治るか? 「ガンをつくる心 治す心」 その2 「ガンをつくる心 治す心」 その1 1日青汁1杯 その2

健康情報

植物性乳酸菌ラブレ+オリゴのおかげ 小児喘息は治るのか? 乳酸菌が花粉症・アレルギー症状に効く《ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株》 「健康問答」五木寛之・帯津良一対談集 ぜんそく患者の体質に合う薬を、遺伝子型で見分ける手法を開発

健康関連その他

「大地」の宅配 TBSテレビ「中国製技工物」 小児喘息のわが子に、認識不足の保護者 健康関係リンク集

免疫の話

免疫からみた風邪のストーリー 離乳食を早く始めると、アレルギーになる 腸の免疫システム

博士の異常な健康

「博士の異常な健康」水道橋博士著 第1章:髪の毛が生える秘訣、これでいいのだ! 第2章:目から鱗が落ちた-近視矯正手術 第3章:胎盤エキスは火の鳥の生き血なのか? 第4章:未知なる肉体と対話する-ファスティング(断食)

咳喘息とは

慢性咳嗽(まんせいがいせん)の種類 咳喘息の治療法 咳喘息のガイドライン アトピー咳嗽(がいそう)とは 咳喘息が気管支喘息になるのは約30%

喘息という病気

喘息の背景には気道の炎症がある 喘息という病気

断食

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その1 「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その2 半断食-鶴見式半断食 朝食抜き (午前中の断食) による少食主義 アレルギー、気管支喘息、アトピー皮膚炎に効く断食

朝食食べる派

朝食食べる派の意見について-その3 朝食食べる派の意見について-その2 朝食食べる派の意見について-その1

栄養学によるアレルギー治療法

アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品)その9 アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品)その8 アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品)その7 アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品)その6 アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品)その5

根本から治すアトピー・アレルギー

玄米の少食で栄養失調にならないか 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を使っている場合 生野菜食を中断するときの注意 アトピー性皮膚炎、根治の切札は生菜食 糖分はアトピーの大敵

気管支喘息

気管支拡張剤 気管支喘息のしくみ 気管支喘息

甲田光雄氏関連

生野菜食を中断するときの注意 アレルギー・アトピーを治す生菜食療法の好転反応 アレルギー・喘息には少食主義 アレルギー、気管支喘息、アトピー皮膚炎に効く断食 甲田光雄氏著 「根本から治す アトピー、アレルギー」

花粉症

花粉症にレンコンと乳酸菌のサプリメント 花粉症はアレルギー性鼻炎 花粉症とは

西式健康法

酸化マグネシウムによる便秘薬の副作用 2名が死亡 アトピー性皮膚炎、根治の切札は生菜食 アレルギーに西式健康法 毛細血管とグローミュー その2 毛細血管とグローミュー その1

食物アレルギー

アトピー性皮膚炎を治すための食事療法として注意すべき問題 食物アレルギーの原因となるアレルゲン 食物アレルギー

黄砂アレルギー

黄砂アレルギー


アレルギー 喘息 健康法の最新記事

顔剃りで咳が激減

咳がひどくなってきました。
原因を考えると、修了式が近くなって、実習スケジュールが終わるかどうかヤキモキしているのと、
学術講演会の準備を一人でやっていて上手くいくかどうか心配なのと、加えて私も講演をやることになっています。

まあ、そこそこに慣れているので、ストレスを感じるようなことはないと思うのですが、10年ぶりにこの仕事に戻ったのでストレスになっているのかもしれません。
それと、寒さが戻ってきたのも原因の一つかもしれません。

講演会の前日に、この咳の状態だとまともに講演ができないと思い、呼吸器科を受診して相談し、ロイコトリエン受容体拮抗薬である「シングレア」という薬を7日分処方してもらいました。

その帰りに、久しぶりに講演をやることだし、と思って散髪屋に顔剃りに行きました。
散髪はいつもカットのみで、顔剃りは何年ぶりでしょう?ていうくらい久しぶりです。

顔そりをやってくれたのは、かわいらしい女の子で、あまりの気持ちよさに寝てしまいました。
顔剃りの後は、頭・首・肩を軽くマッサージをしてくれました。

終わった後は、疲れが取れた感じがして、体が楽になりました。
そうしたら、咳が激減したのです。

一応、その夜は、病院でもらった「シングレア」を飲みました。

おかげで、講演会と講演は無事に終わりました。


それで、その4日後の修了式があったのですが、「シングレア」は飲まないことにしました。
修了式の前日に、整体院をやっている友人にマッサージをやってもらいました。

やってもらいながら、ずいぶん凝っているなあ、とわかりました。
終わった後は、体が非常に楽になりました。体の力を抜くことを気を付けているのに、出来ていないんだなと感じました。

体の緊張(凝り?)と咳が関係していることが良くわかりました。
2日前、例の呼吸器科に受診して、この話をしましたが、信じられないというように、先生は首をひねっていました。
先生は、「証明されていない」と言いましたが、今回、私の体が証明したんですえどね。

アレルギー(特に喘息)についての情報です。 発生メカニズムや対処法、民間療法を載せています。 あわせて、関連する健康法も書いています。


アレルギー 喘息 健康法 Pick Up!

カゴメの植物性乳酸菌ラブレの錠剤は、そんなには安くはありません。
とりあえず1週間分を買って飲んでみました。
前回のブログにも書いたように、オリゴのおかげも一緒に飲み始めました。

翌日から効果が出てきました。
ビックリするやら、うれしいやら。
お腹がゴロゴロ活動しています。
オナラもよく出ます。音なしです。

飲み始めて2日後から、柔らかい便が毎日のように出ます。

それで、ラブレの替わりになる様なものを探しました。
ビフィズス菌は、腸まで達するのが少ないそうですし、
原料が牛乳であるのが、気がすすまないし。

それで、宮入菌というのをネットで見つけました。
酪酸菌だそうで、これも腸内細菌のバランスを調整するそうです。
胃液の影響を受けなく、腸まで達っします。

比較的安いので、ネットで注文しました。

飲み始めて2週間経ちました。
便は毎日ではありませんが、比較的柔らかめの便が出ます。
腸もゴロゴロ動きます。
オナラは臭くありません。

なかなか良いのではないでしょうか。

光岡知足著「老化は腸で止められた」を読みました。
あらためて、「腸」が正常であることが重要であると再認識しました。

私が傾倒している甲田光雄先生の考えも、「腸」を重要視していて、少食療法、断食療法を勧めています。

私もやっていますが、週1回の断食も完全にはなかなか出来ません。
「食欲」という本能は、物凄く強いものだということがわかりました。

「老化は腸で止められた」には、腸内の善玉菌である「乳酸菌」を増やすという方法が書かれています。
断食よりは、はるかに楽です。

著者は、ヨーグルトを勧めていますが、ほとんどの乳酸菌は腸に達する前に死んでしまう、ということを聞いたことがあります。

カゴメ株式会社の植物性乳酸菌「ラブレ」は腸まで達するということなので、薬局で錠剤を買いました。
牛乳は、健康に良くないと思っていますので、これも「ラブレ」にした理由です。
「老化は腸で止められた」は古い出版ですので、現在であるなら、著者もラブレを勧めたかもしれません。

ラブレのついでに、オリゴ糖の「オリゴのおかげ」も買いました。オリゴ糖は、腸内の乳酸菌の栄養になるもので、このオリゴ糖だけを飲んでも、腸内が改善されるそうです。

食品の宅配で歴史のある「大地」に申し込みました。
野菜を中心に、果物を少し足したベジタセットがあり、私はMサイズを頼みました。
中身はお任せです。週に1回です。

届いた商品はリストがあり、生産者の名前と、農薬の使用状況が書いてあります。
農薬の使用状況は生産者によって異なります。
使用していないものもあれば、数回使ったものもあります。有機と書いてあるものもあります。

いつも買っている、近くの八百屋の野菜類は、
たぶん、この大地の野菜より、多くの農薬を使っているのでしょう。

大地の野菜と果物は、味・歯ざわりは違うようです。
もしかして、「大地」のモノは良いという先入観があるからでしょうか。
私は、毎日、生野菜ジュースを創って飲むのですが、そのとき、つまみ食いをします。
先日届いたセロリは、ビックリするほど甘く感じました。
また先週届いたブロッコリーも、非常に甘く感じました。
近くの八百屋で買うセロリとブロッコリーでは感じたことがない甘さでした。

もちろん、割高です。

2月6日(2010年)のTBSテレビ報道特集NEXTで、中国製の歯科技工物について大きく取り上げていました。
当ブログでこのことについて書くのは、私が歯科技工士だからです。

このTBSテレビで一番問題にしていたのは、中国製歯科技工物に使用されていた金属(合金)に、
有害物質であるベリリウムが1.4~1.9%含まれていたことです。

歯科技工物は、患者さんの口の中にセットされるわけですが、
ベリリウムが害になるかどうかの研究は少ないそうで、
問題はないという教授と、口の中に入れたくないと発言する教授と、
相反する意見を言っていました。

しかしながら、ベリリウムを含む合金を、歯科技工士が、
仕事中にその粉塵を吸うことは、有害であることは確かなようです。
そのために、厚生省は、ベリリウムを含む合金の使用を禁じたのでしょう。

ですが、中国の歯科技工所が、ベリリウムを含まない合金を使い始めたら、
あるいは、国家が決めたならば、問題は解決することになります。

中国製技工物の問題は、有害物質ではないのです。
一つは品質であり、もう一つは国家資格の問題です。

中国製技工物は品質が悪いといわれています。
品質の悪いものを日本国民の口の中に入れてよいのでしょうか?
食品や衣料品あるいは電気製品などは、消費者が納得して買うので問題はありません。

しかし、歯科技工物では、歯科医師がちゃんと中国製であると説明するとは思えません。
それ以上に、ちゃんと教育を受けていない人間が作ることが問題です。
そして、それは、歯科技工法に照らしてもおかしいと思います。

日本では、歯科技工物は、歯科医師および国家資格を取った歯科技工士のみに製作することが許されています。
しかし、中国製技工物は、日本の国家資格を持っていない中国人によって製作されています。
つまり、無資格者が作っています。
でも、厚生労働省は、中国製技工物の輸入を認めています。
どう考えてもおかしいと思います。


おすすめリンク