Top >  健康情報 >  ファイトケミカル

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは、植物と果物に含まれる成分です。おもに植物の色素や香り成分、アクなどに含まれている。約1万種類あるといわれています。

ファイトとは、ギリシャ語で<植物>の事です。

活性酸素を無害化する抗酸化物質です。

増えすぎた活性酸素は、がんや生活習慣病、老化等、さまざまな病気の原因であるといわれており、これを無害化することは、健康・長寿にとって重要なことです。


●ポリフェノール
アントシアニン=赤ワイン、ブドウ、ブルーベリー、紫芋、赤じそ。
イソフラボン類=大豆 。
フラボン類=セロリ、パセリ。
フラバノール類・・・カテキン=緑茶、ウーロン茶、リンゴ、ワイン。 
フラボノール類=リンゴ、玉ねぎ 。
フラバノン類=柑橘類 。
カフェー酸誘導体・・・クロロゲン酸=コーヒー、ごぼう、さつま芋。
カフェー酸誘導体・・・ロズマリン酸=シソ・レモンバーム 。
リグナン類・・・セサミン、セサモリン、セサミノール、マタイレシノール)=ゴマ。
タンニン類=茶、赤ワイン、しそ、よもぎ。
クルクミン=ターメリック(=ウコン)。

●含硫化合物
スルフォラファン=ブロッコリー、キャベツ。
アリルイソチオシアネート=ワサビ 。
メチルシステインスルホキシド=ニンニク、ネギ。

●カロチノイド
β-カロチン=にんじん、かぼちゃ。
リコピン=トマト、スイカ、柿。
β-クリプトキサンチン=温州みかん。
カプサンチン=赤ピーマン、とうがらし。
アスタキサンチン=鮭、イクラ、エビやカニの殻。
ルテイン=とうもろこし、ほうれん草、ブロッコリー。

●糖関連物質
フコイダン=海藻。
β‐グルカン=きのこ。
ペクチン=リンゴ。

●アミノ酸関連物質
タウリン=いか、たこ、魚介類。
グルタチオン=酵母、レバー。

●香気成分
オイゲノール=バナナ。
リモネン=柑橘類。
ジンゲロール=ショウガ。

 <  前の記事 アレルギーの食事療法を始めました  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー食事療法の経過報告  > 


おすすめリンク