Top >  西式健康法 >  平床寝台

平床寝台

平床寝台(へいしょうしんだい)

敷布団の代わりに、厚さ10ミリ程度の木の板を使うのが理想です。

畳でも良いのですが、畳に体温を奪われるので、新聞紙2枚程度の上に毛布やシーツを敷くのが良いとしています。
でも冬はやっぱり寒いと思いますが。

もちろん、いきなり板や畳の上に寝ることはできないので、徐々に変えて生きます。

私は、マットレスの上に敷布団を敷いて寝るのを30年以上続けていました。

そこで、まず、マットレスをはずしました。

初日の朝は、やはり体が少々痛みました。

横向きや、うつ伏せになると体が痛むようで、ずーっと仰向けで寝るならば問題はないようです。

今のところ、朝、目が覚めた時の体制は、仰向けです。


平床寝台の効果ですが、

平床は、重力に対してもっとも安定した平面であるため、これで休むと全身の筋肉が弛緩し、安静に休息をとることができるとしています。

また、脊柱の歪みを矯正できるとしています。(「西式健康法入門」西会本部。清水弘文堂)

 <  前の記事 アレルギー食事療法の経過報告  |  トップページ  |  次の記事 硬枕利用  > 


おすすめリンク