Top >  西式健康法 >  硬枕利用

硬枕利用

硬枕利用(こうまくらりよう)

寝るときに、半円形の、硬い枕を利用する方法です。

本人の薬指の長さを半径とする丸太を二つに割ったものだとちょうど良いそうです。

仰向けで寝て、この硬枕を首の真ん中あたりに当てます。(もちろん凸面が上)

はじめて、硬枕を使うときには、痛いのが普通なので、慣れるまでタオル等を乗せます。

また、最初から一晩中使う必要はないので、10分程度から始めて、徐々に長く使えるようにすると良いでしょう。


DIYの店を探しましたが、半円形の木というのがないんですねえ。竹を二つに割ったのが軽くていいかなと思っていますが、それもないので、今のところこの硬枕は、やっていません。

ところで、枕は頭(後頭部)にするものだと思っている方が多いようですが、実は間違いです。

売っている枕のほとんどがそういう形ですから、勘違いするのも仕方ありませんが。

枕は、この硬枕に説明にあるように、首にするものなのです。

この方が、首が安定します。

一時流行った、テンピュール枕はこれを狙っています。

ただ、頭・首の形、サイズは個人差がありますからすべての人に合うかどうかは分かりません。

自分用に調節するには、バスタオルを使います。

バスタオルを、細長くなるように二つ、または三つの折ります。

片方の端から丸めていき、適当なところで止めます。

毎晩、丸みの大きさを変えて、ちょうど良いサイズを探していきます。

繰り返しますが、枕を当てるのは、首から後頭部の下部にかけてです。

 <  前の記事 平床寝台  |  トップページ  |  次の記事 金魚運動  > 


おすすめリンク