Top >  西式健康法 >  金魚運動

金魚運動

体を、魚が泳ぐときにクネクネするのと同じように、動かします。背骨の歪みを直します。

仰向けになり、両手を組んで首に当てます。肘は床に近づけます。

体をまっすぐにし、足をそろえて(足の親指の付け根を合わせて)、足の先の部分を、頭の方向に傾ける。つまり、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。

具体的にどのようにやるのか本では分りずらいです。
例えば、カカトと頭は動かさないようにして、体をくの字くの字と動かしたほうがいいのかなど。

最初は、腰の筋肉が痛くなりました。痛くなるってことは間違っているでしょう。

カカトを止めておくとか、動かすとかなど考えずに、

両腕の肘で、誰かに動かされているような感じで体を揺らすといいでしょう。

肘の動きは、頭方向-足方向です。

私は痩せているので、畳の上でやると、肩甲骨が痛くなります。

それで、使わなくなった敷きマットの上でやっています。

朝夕、1~2分間行います。


背骨の歪みが健康を阻害していることは、よく知られるようになりました。

背骨(脊柱)の中に、脊髄があり、そこから背骨と背骨の間を通って、筋肉と内臓などに向けて神経が出ています。背骨が歪んでいると(ずれていると)その神経がコントロールしている部分に障害が出ます。

 <  前の記事 硬枕利用  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー治療の食事法-瀉下薬(しゃげやく)  > 


おすすめリンク