Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  ・アレルギー治療の食事療法-経過

・アレルギー治療の食事療法-経過

アレルギー治療の食事療法を始めてから、約1ヵ月が経ちました。

・朝食を抜いた1日2食。
・水と柿の葉茶を、1日2リットル程度飲む。
・食事は、玄米ご飯、豆腐、生野菜ジュースを、腹8分、または腹6分。

これが基本です。

食事内容は、完璧に守ったわけではなく、トーストや、とうもろこしを食べたり、コーヒーを飲んだりしましたが、かなり順守した方だと思っております。トーストは、ドロドロになるまでゆっくり良く噛むと、ホントにおいしいのです。


体重は、減りましたねえ。
もともと、痩せていましたから、もっと痩せて、ガリガリと言っていいくらいです。

本来の目的である、咳喘息というアレルギーですが、あまり良くなっていません。残念ながら、咳は出ます。

以前は、咳の予防として2種類の吸入薬を朝と夜に吸入していましたが、いまは、咳き込んだときだけ吸入しています。これが良いかどうか分かりませんが。

他に変化としては、1週間くらい前から、痰が出るようになりました。

咳喘息の咳は、空咳が特徴で、痰が絡まないのです。

悪いものを、体が外に出そうとしている、ともとれますが、どうなんでしょう?

それから、10日ほど前から、瀉下剤(しゃげざい=下剤)を飲み始めて、やっと下痢便が出るようになりました。
これで、宿便が全部出たら、咳も体調も良くなると期待しています。

 <  前の記事 スイマグ  |  トップページ  |  次の記事 毛管運動  > 


おすすめリンク