Top >  西式健康法 >  毛管運動

毛管運動

毛管運動(もうかんうんどう)

仰向けに寝て、硬枕などの枕を首に当てます。

手と脚は天井に向けて、なるべく垂直に上げます。

手の指は力を抜き、軽く離して天井に向けます。足の裏はできるだけ水平にします。

この状態で、手と脚を1~2分間、微動させます。

朝夕、1回ずつ行います。

時間は短いですが、結構キツイです。

私は、体が硬いのか脚がまっすぐに伸びず、太ももの裏側がキツイですね。

手を動かそうとして、肩を使ってしまいがちですが、肩は力を抜いてください。

何事も、やっていくうちに、コツが分かってきます。


西式健康法は、血液循環に関しては、独自の見解を持っています。

血液循環の原動力は、心臓ではなく動脈と静脈の境目である<毛細血管>にあるとしています。

そして、毛管運動で静脈血の還流を促し、リンパ液の移動と新陳代謝を活発にする、としています。

 <  前の記事 ・アレルギー治療の食事療法-経過  |  トップページ  |  次の記事 合掌合蹠  > 


おすすめリンク