Top >  西式健康法 >  背腹運動 その2

背腹運動 その2

背腹運動の目的は、

不健康の元のひとつに、背骨の歪みがあります。この歪みは毎日の生活の中で生じるも

のです。

背骨に歪みがあると、骨と骨の間から全身に向けて出ている神経に障害をもたらします。

ですので、背骨の歪みは、万病の元、といわれるゆえんです。

毎日の歪みは、毎日解消するのが良法です。

金魚運動とともに、この背腹運動の横揺れで背骨の歪みを解消します。

西医学では、横揺れ運動で、体が酸性になるので、腹部の運動で中世になるとしていま

す。

この腹部の運動は、腹筋と内臓に非常に良い運動です。

横揺れ運動のとき注意することは、体を真っ直ぐにしようとして力を入れないことです。

力が入ると、関節が緩まなくなり、背骨の歪みも解消されないものと思います。

「良くなる、能(よ)くなる、善くなる」と念じるのは、自分の体だけではなく、人生、家族、世

の中まで、よくなるように心を広げなさいという意味です。

私は、体を動かすのが好きではないので、10分間ですが、正直言って、私には苦痛です。

そのせいか、ついつい嫌な事をイメージしてしまいます。

体が良くなると信じ、「良くなる、能くなる、善くなる」と念じてやっています。

 <  前の記事 背腹運動  |  トップページ  |  次の記事 ・アレルギー治療の食事療法-経過  > 


おすすめリンク