Top >  西式健康法 >  西式の食事療法

西式の食事療法

西式健康法の食事法

体の中に取り入れるものは、水と空気と食べ物です。

きれいな水、新鮮な空気、安全な食材と正しい食事法を行わないと、健康にはなれません。

野生の動物は、正しい食事法が本能にプログラムされているので、人間のように不摂生から生じる病気はないだろうと思われます。

進化したとはいえ、人間も動物ですから、自然とかけ離れた食生活は、健康を阻害してしまいます。

工場で作られた食品は、保存料、着色料、その他添加物は、反自然の最たるものでしょう。

西式健康法の食事療法は、現代生活の中での正常な食事法です。

骨子は、

1.「清水」を1日2リットル程度飲む事。

2.ビタミンCなどの有用な物質を効率よく補給すること。

3.朝食を止め、昼・夜の1日2食にする。

4.野菜は、生で食べること。

の4つです。

 <  前の記事 食事内容の変更  |  トップページ  |  次の記事 1.生水を飲む  > 


おすすめリンク