Top >  西式健康法 >  1日2食

1日2食

1日2食にすると、かえって太る、という人がいます。実際に太った人もいるよ

うです。

それは、本質を理解しない1日2食だからでしょう。

朝、食べない分、夕食で沢山食べるんだと思います。

1日3食の人が、1日2食に変える場合、3食分を昼夜の2食で食べるのではな

く量も2/3にします。

長く朝食を食べていた人が、突然止めるのは難しいかもしれません。

空腹感が強く出たり、あるいはちょっとふらついたりするかもしれません。

口寂しくて、何かを噛みたいという欲求も出ることもあります。

しばらく続けると慣れてきます。

ふらつくのは、血糖値が下がるからで、10~20分くらいで、筋肉、肝臓から補給さ

れます。

いずれふらつくことも無くなるでしょう。

また、徐々に朝食を減らしていく方法もあります。

例えば、ご飯などの固形物を止めて味噌汁だけにするとか、お吸い物にするとか

です。慣れてきたところで、朝食を止める方法です。

さて、昼食を食べる時間ですが、正午を過ぎなければいけないということはあり

ません。ただ、前夜の夕食から16~18時間位の間隔をあけてください。

つまり、毎日、半日断食をやっていることになります。その間、消化吸収器を休

ませることになります。

水は一杯飲んでください。

 <  前の記事 3.朝食を止め、昼・夜の1日2食にする。  |  トップページ  |  次の記事 1日2食その2  > 


おすすめリンク