Top >  博士の異常な健康 >  第5章:魔法の絨毯、バイオラバーの正体に迫る!

第5章:魔法の絨毯、バイオラバーの正体に迫る!

今回ももちろん、著者の実体験です。

著者は20代後半から、深刻な肩こりとそれに伴う頭痛に悩まされており、「バンテリン」を過剰に常用していました。

そして、偶然知人から薦められたのが「バイオラバー」でした。

購入したのは、一辺が15センチの三角形をした、マウスパッドのようなもので専用ベルトでへその下に取り付けるものです。なんと3万円。

翌月にはシートタイプまで購入しました。こちらは12万円。

これは、マントのように肩に掛けたり、就寝時に敷いたりしたのです。

それが、一ヶ月程度たった後、いつの間にか肩こりが消えてしまったのです。

そこで、著者はメーカーの「山本化学工業」に取材に出掛けました。

この「山本化学工業」、ウェットスーツ用のラバーでは世界一のシェア60%を誇る立派な会社でした。


このバイオラバーを簡単に説明すると、


バイオラバーは、天然ゴムや合成ゴムではなく、新潟の黒姫山で採れる炭酸カルシウム99.7%以上含んだ純度の高い石灰石であり、直径1ミリに中に約23個の気泡を持つ極めて微細なハニカム(蜂の巣)構造
をもっています。

一言でいうと、人間に最も良い「波長」を放射する装置です。

この波長は4~25ミクロンの赤外線であり、健康な人の体が帯びている電磁波と共通の波長を持っているので、体内物質に共振関係を生み、分子間の活動を活性化させるのだそうです。


著者は、このバイオラバーに非常に肩入れし、応援するサイトまで作ってしまいました。

バイオラバーの効果がある症状・病気については、あえて具体名を挙げるのを著者は避けているように思えますが、ガンに対して有効な研究結果を紹介しています。

外出時にも便利なハンディータイプ!!バイオラバー ハンディシリーズ Pタイプ

 <  前の記事 最終章:博士の愛した加圧式 ~日本発、加圧トレーニングは宇宙へ~  |  トップページ  |  次の記事 第4章:未知なる肉体と対話する-ファスティング(断食)  > 


おすすめリンク