Top >  西式健康法 >  野菜は、生で食べること。(3)

野菜は、生で食べること。(3)

西勝造氏が、西式健康法を始めたのは80年位前ですので、ジューサーもミキサーもなかったはずです。

当時は、葉ものは、スリコギですりつぶし、人参やゴボウなどは、大根おろしでおろします。

サラダのように、そのまま食べるのは勧めていません。理由は書いてありませんが、消化吸収が悪いのではないでしょうか。

ですので、西式健康法の本には生野菜汁と書いてあります。

現代では、ほとんどの方がミキサーやジュースマシンを使っていると思います。

本によっては、ジューサーを使うように書いてありますが、果物に比べて水分が少ないので上手くいきません。私のジューサーが古いタイプで、性能が悪いのかもしれません。

ミキサーは、水を足し、高速で刃を回すので細胞が壊れるようです。

西式健康法では、細胞を壊さないジュースマシンを勧めています。

ネットで捜すと、何種類か出ていますが、3~9万円と結構高価です。

それと、大事なことは、飲む直前にジュースにします。作り置きはしないようにします。

西会本部おすすめの「スズキのジュースマシン」

 <  前の記事 野菜は、生で食べること。(2)  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーという言葉の意味  > 


おすすめリンク