Top >  アレルギー 病気 >  アレルギー様症状の調査

アレルギー様症状の調査

厚生労働省の「平成15年保健福祉動向調査の概況」によると、

平成15年の1年間に、皮膚、呼吸器及び目鼻のいずれかのアレルギー様症状があった者は全体の35.9%でした。

これを性別にみると、男34.3%、女37.4%となっており、女で割合が多くなっています。

また、年齢階級別にみると、男では「5~9歳」が45.8%で最も多く、女では「35~44歳」が44.6%で最も多くなっています。

日本人10人のうち、3.6人がアレルギー様症状を感じているということになりますが、これは大変な数字だと思います。

医療機関に通院した人が、総数で20.9%ですから、日本人5人に一人が、アレルギー様症状で受信したことになります。

また、男の最も多いのが「5~9歳」の45.8%で、実に2人に一人がアレルギー様症状を感じています。

女性では、「35~44歳」が44.6%で最も多く、男女にこれだけの年齢差があるのは不思議です。

ただ、この数値はアレルギー様症状を感じた人数ですので、患者数とは異なります。

 <  前の記事 アレルギーという言葉の意味  |  トップページ  |  次の記事 野菜は、生で食べること。(4)  > 


おすすめリンク