Top >  アレルギーという病気 >  アレルギーの種類

アレルギーの種類

数10年前は、アレルギーという言葉は、一般的ではありませんでした。

アトピー性皮膚炎という言葉も聞いたことがありませんでした。

同じく、花粉症もそうです。花粉症はホントに増えました。テレビのバラエティ番組などを見ていると、花粉症であることを言う出演者が多くいます。

アレルギーの人が増えるに従い、アレルギーの種類も増えました。
軽く調べても以下のように出てきます。


・食物アレルギー
・気管支ぜんそく
・咳ぜんそく
・アトピー性皮膚炎
・じんましん(蕁麻疹)
・アレルギー性鼻炎
・金属アレルギー
・動物アレルギー
・アレルギー性紫斑病
・アレルギー性結膜炎
・アレルギー性血管炎
・ダニアレルギー
・紫外線アレルギー
・薬物アレルギー
・アレルギー性胃腸炎
・花粉症

などです。


食物アレルギーは、いろいろな食物が原因(アレルゲン)になってます。

アレルギーは、子供に多いので、食物アレルギーのある子供の親は、食事に大変苦労します。

どんなに大変か、時々テレビで見ることがあります。
食物アレルギーのアレルゲンを調べてみると、


牛乳・乳製品
大豆
小麦
甲殻類(エビ・カニ)
果物
ソバ
魚類
ピーナッツ
魚卵
木の実類
肉類
野菜類
軟体類
穀物
その他

などと出てきます。

この中で、
「牛乳、卵、ピーナッツ、そば、小麦」は5大アレルゲンと呼ばれています。

 <  前の記事 野菜は、生で食べること。(4)  |  トップページ  |  次の記事 食事のバランス  > 


おすすめリンク