Top >  アレルギー 病気 >  アレルギーとは

アレルギーとは

生物の体には、外から入ってきた自分以外の物質(異物)を排除しようとするというシステムがあります。これを「免疫」といいます。
                                
たとえば、病原体とはならない弱い微生物に、感染しないようにするとか、ウイルスや細菌に感染したときに、それらが体内で問題を起こさないようにやっつけてしまうとか、いったん排除した異物が、再び侵入してきたときに備えて、その異物をすぐに認識できるよう記憶するなどです。

このように、生体に本来備わっている、体を守る働きが「免疫」です。

ようするに、体内に侵入した自分以外の物質(非自己:病原菌やウイルスとは限らない)を認識して攻撃・排除するためのシステムです。

当然のことながら、この「免疫」というシステムがなければ、病気または、病気様の症状が出ることになります。

生きるために空気を吸い、食物を摂取しなければならない生物は、つねに自分以外の物質(異物)を取り込んでいるといえます。したがって、免疫というシステムは、生物が生きていくために必要不可決なものなのです。

ところがときとして、生きていくために必要不可欠なそのシステムが過剰に働くことにより、自分自身の組織や器官を破壊するなどの症状・病状を引き起こすことがあります。この免疫の、異常反応によって起こるのが、いわゆる「アレルギー」です。

 <  前の記事 食事のバランス  |  トップページ  |  次の記事 食物アレルギー  > 


おすすめリンク