Top >  花粉症 >  花粉症とは

花粉症とは

花粉症とは、花粉が原因物質となるアレルギー性鼻炎です。

花粉症の人は本当に増えました。
身の回りには必ず、花粉症の人がいる時代です。
アトピー性皮膚炎と並んでアレルギーの代名詞となってしまいました。


細菌やウイルスをはじめとする自分以外の物質の多くは、一般に皮膚や粘膜(目・鼻の粘膜や消化管の粘膜など)を通って体内に侵入します。

その鼻粘膜で、免疫システムの過剰反応が起こった場合に現れるアレルギー症状が「アレルギー性鼻炎」です。

なかでも特にスギやヒノキ、ブタクサといった植物の花粉が原因となるアレルギー性鼻炎が、いわゆる「花粉症」です。

花粉症の原因となる「花粉」は、呼吸のとき、空気と一緒に体内に吸い込むことになります。

その花粉が目や鼻の粘膜に触れると、免疫システムが「これは自分以外の物質だ」と認識して、その物質を排除しようとします。(免疫反応といいます)

粘膜にある「肥満細胞(マスト細胞)」と呼ばれる細胞が、花粉に含まれるタンパク質に反応して、ヒスタミンという刺激性の強い化学物質を放出するのです。

このヒスタミンが過剰に放出され、鼻粘膜の毛細血管に作用したり、神経末端を刺激した結果、目や鼻のかゆみ、涙や鼻水、くしゃみといったアレルギー性鼻炎の症状が現れるのです。

 <  前の記事 食物アレルギー  |  トップページ  |  次の記事 西式-皮膚の健康法  > 


おすすめリンク