Top >  西式健康法 >  裸療法

裸療法

窓を大きく開いて、裸になるのと、窓を閉めて、服を着るのを交互に繰り返します。

裸になるときは、下着類も脱いだほうが効果があります。

服を着るときの服は、季節のものより少し厚めにします。ただし、着すぎて汗が出ることがない程度です。

時間は、以下の表に従って下さい。

裸療法を始める場合には、いきなりこの表の通りにはせず、一日目は6回目まで、二日目は7回目まで、と徐々に増やしていきます。


注意:

・服は、着すぎて汗をかかないようにします。

・服を着て温まる時間は少し長くしても大丈夫ですが、裸でいる時間は守ります。

・裸になっている間は、金魚運動、毛管運動、背腹運動などをし、服を着ている間は、静かに温まります。

・原則として、日の出前と日没後の2回行いますが、1回でも可です。

・食前の1時間、食後の30分間は避けます。

・入浴後に行う場合は、1時間以上あけます。入浴前は構いません。

・裸療法を始めて、30日間は休まず行い、2~3日休んでまた30日を繰り返して約三ヵ月続けます。

・効果が現れない場合は、1年間続けます。


効能

「西式健康法」によると、皮膚呼吸を強化し、風邪にもかからなくなり、健康になります。
(別項にも書いたように、医学的には皮膚呼吸は認められていません)


hadakaryouhou.gif

 <  前の記事 西式-皮膚の健康法  |  トップページ  |  次の記事 アトピー性皮膚炎  > 


おすすめリンク