Top >  喘息という病気 >  喘息という病気

喘息という病気

ぜんそくは「喘息」と書きます。「息」が苦しくて「喘」(あえ)ぐような状態を発作的に繰り返す病気です。

どのようにしてこうなるかというと、

私たちが呼吸をするときに、空気の通り道を気道といいます。

気道の表面は粘膜でおおわれていて、空気といっしょに吸い込まれてくるごみや花粉、細菌やウイルスの侵入を防ぐバリアのような役目をしています。

ぜんそくの患者の気道は非常に敏感になっているため、いろいろな刺激に対して過敏な反応を起こしてしまいます。

そのとき、気道では、

1.気管支を取り巻いている筋肉(平滑筋)がけいれんを起こして収縮する。

2.気道の粘膜が炎症を起こしてむくみ、気道が狭くなる。

3.分泌物がどっと増える。

こうなってくると、空気が通るときに摩擦が起こり、ゼイゼィ、ヒユーヒユー、ゼロゼロといった喘鳴(ゼイメイ)が聞こえるようになります。

時には、呼吸困難になることもあります。

苦しい状態が続くと、話すこともできにくくなり、寝ていると苦しいので、起きて息をするようになります。

酸素不足が全身におよぶと、唇や頬、手足の先が冷たくなって紫色になります。これをチアノーゼといいます。

もっと重くなると失神することもあります。極端な場合は窒息状態から生命にかかわることもあります。

発作は数分から数時間続き、薬を使わないとしずまらないことも少なくありませんが、発作がしずまると、うそのようにケロッとします。

いつまた発作が起こるかわからないという不安感が、ぜんそく患者に、いつも付きまとっています。

 <  前の記事 温冷浴  |  トップページ  |  次の記事 鉱石ミネラル風呂 「嵐の湯みうら」  > 


おすすめリンク