Top >  アレルギーという病気 >  Ⅰ型アレルギー

Ⅰ型アレルギー

アレルギーは免疫の病気ですが、免疫の病気はどのような仕組みが関係するかによって、4つの型があります。

Ⅰ型とⅣ型をアレルギーといい、Ⅱ型とⅢ型を自己免疫疾患といいます。

Ⅰ型は即時型アレルギー、Ⅳ型は遅延型アレルギーともいいます。


Ⅰ型アレルギーは、「IgE抗体」が関与しているアレルギーです。

IgE抗体は、肥満細胞(マスト細胞)や、白血球の一種である好塩基球に強く結合して、異物の排除に働く抗体です。

もう少し詳しくいうと、抗原(免疫システムを刺激する物質。アレルギーを起こす抗原をアレルゲンといいます)が体内に入ると、一連の過程によりIgE抗体が作られます。このIgE抗体はマスト細胞や好塩基球の表面に結合します。
これで、特定の抗原を排除する準備が整ったわけです。

この後、再びこの抗原が体内に入ると、IgE抗体はマスト細胞や好塩基球に化学伝達物質を放出させます。

この化学伝達物質が過剰に放出され、周囲の血管や平滑筋などに作用した結果、さまざまなアレルギーの症状が出てきます。

Ⅰ型アレルギーには、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、気管支喘息などがあります。

また、ペニシリンなどの薬剤、ハチの毒が原因となるショック症状、花粉症も同じⅠ型アレルギーです。

IgE抗体がアレルゲンと反応すると、ほんの数分でアレルギーの症状が現れるので、即時型アレルギーともいわれます。

 <  前の記事 Ⅳ型アレルギーとは  |  トップページ  |  次の記事 黄砂アレルギー  > 


おすすめリンク