Top >  免疫の話 >  腸の免疫システム

腸の免疫システム

アレルギーは、免疫の異常です。

アレルギーを知るには、免疫を知る必要があります。


腸という器官は、口につながっているため、細菌やウイルスといった異物と接触する機会が非常に多くあります。

また、腸は消化・分解された食物が吸収される場所なので、つねに異物の食物タンパク質に接しています。

(タンパク質はアレルゲンです)

そのため腸には、全身の免疫システムとは遣った、特有の免疫システムが備わっています。

腸にはまず、異物の侵入を防ぐバリアーとして粘膜があります。

粘膜は、ねばねばした粘液で覆われており、この粘液が微生物の付着を防いでいます。

そのうえ、腸の粘膜では抗体の一種であるIgA抗体が分泌されていて、抗原を排除しています。

さらに、腸の粘膜上皮細胞の間にはT細胞が存在し、その奥の組織にはB細胞やT細胞、マクロファージ、マスト細胞が存在し、二重、三重の防御態勢が備えられています。


腸美人

 <  前の記事 気管支喘息  |  トップページ  |  次の記事 食物アレルギーの原因となるアレルゲン  > 


おすすめリンク