Top >  食物アレルギー >  食物アレルギーの原因となるアレルゲン

食物アレルギーの原因となるアレルゲン

食物アレルギーの原因となるアレルゲンにはさまざまなものがあります。

卵、牛乳、大豆によるアレルギーは有名です。この三つを『三大アレルゲン』といいます。

米、小麦を加えて、『五大アレルゲン』ともいいます。

そのほかに、魚類、エビやカニといった甲殻類、そば、乳製品、ナッツ類などによるアレルギーもあります。

食べ物はすべて、人体にとっては異物ですので、あらゆる食べ物がアレルギーを引き起こす可能性を持っています。

食べ物にはタンパク質、脂質、鉄やカルシウムやマグネシウムといったミネラル、各種ビタミンなどいろんな物質が含まれていますが、アレルゲンとなるのはそのうちの特定のタンパク質に限られます。


消化という過程は、まず口でかみ砕かれてから胃に送られ、体に吸収できるサイズにまで消化されます。

消化はさらに腸でも行われ、タンパク質は最終的に小さなペプチド(タンパク質の断片)やアミノ酸(タンパク質の最小構成部品)に分解されます。

ここまで小さくなれば、その物質がアレルゲンとして働くことはありません。

つまり、胃や腸などの消化器官は食物を消化・吸収するだけでなく、タンパク質が抗原(アレルゲン)として働かないようにもしているのです。

ところが、このしくみは完壁ではありません。

食物に対するアレルギーを持つと持たざるとに関わらず、未消化のまま体に吸収されるタンパク質も、ごくわずかだがつねに存在します。

そして、食物アレルギーの人にとってはこの未消化のタンパク質がアレルゲンとなり、さまざまな症状が引き起こされるのです。

 <  前の記事 腸の免疫システム  |  トップページ  |  次の記事 アトピー性皮膚炎 2  > 


おすすめリンク