Top >  アレルギー 病気 >  薬剤アレルギー

薬剤アレルギー

アトピー性皮膚炎や、花粉症や気管支喘息などは、アレルゲンが侵入した局所にだけ症状が現れますが、全身に症状が現れるアレルギーの代表例が薬剤アレルギーです。

たとえば、肺炎の治療として抗生物質のペニシリンを注射されたときに、ペニシリンに対するIgE抗体が産生されるようになったとします。

そして、再度ペニシリンの注射を受けると、IgE抗体とマスト細胞の働きによってⅠ型アレルギーが起こり、平滑筋の収縮や、血圧の低下といった全身性のショック症状が現れます。(これをペニシリンショックといいます)

このような全身性のアレルギーによるショック症状を「アナフィラキシー・ショック」といいます。

昆虫の毒に対するアレルギーでも、薬剤アレルギーと同様のアナフイラキシー・ショックが現れることがあります。

全身に症状が出るアレルギーは生命にかかわる非常に危険なもので、最悪の場合には死亡してしまうこともあります。

スズメバチに刺されて死亡、というニュースを見ることがありますが、あれは体内に注入されたハチの毒をアレルゲンとするアナフイラキシー・ショックが主な死亡原因です。

IgE抗体が関係していることからもわかるように、薬剤や昆虫の毒に対するアレルギーはⅠ型アレルギー(即時アレルギー)です。


実は、花粉やハウスダストといったアレルゲンと異なり、ペニシリンは、それのみではアレルゲンにはなりません。

それは、分子量が大きくないからです。

ところが、ペニシリンが分子量の大きな他の物質(主にタンパク質)と結合した場合には、アレルゲンとなります。

 <  前の記事 吸入性アレルゲン  |  トップページ  |  次の記事 コリナシール  > 


おすすめリンク