Top >  アレルギーの治療 >  アレルギー治療の基本

アレルギー治療の基本

アレルゲンを特定できたら、ようやく具体的な治療に取りかかることができます。

アレルギー治療の基本治療は、まずアレルゲンとの接触を避けます。

それから、アレルギーが起いたときにはその症状を抑える薬を飲みます。

アレルギーは、生命維持のため体に備わっている「免疫システム」が深く関わっているため、根本的な治療は無理ということなのでしょう。

アレルゲンとの接触を完全に断つことは、現実には難しいことです。

たとえばダニや花粉のように、いたるところに存在するアレルゲンを完全に避けるのは無理なことです。

食物アレルギーに関しては、外食や、惣菜、お菓子などを食べる時に、いちいちチェックすることになります。


アレルギーの症状を抑えるための薬は、
スタミンをはじめとする化学伝達物質の働きを抑える薬、
炎症を抑える働きを持った薬、
気管支を拡張させる働きを持った薬などです。

 <  前の記事 コリナシール  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーの検査1(血液検査)  > 


おすすめリンク