Top >  アレルギーの検査 >  アレルギーの検査1(血液検査)

アレルギーの検査1(血液検査)

アレルゲンが何であるのかを突き止めるのは、アレルギー疾患では重要です。

アレルゲンを調べる方法はいろいろありますが、現在では血液検査による診断がもっとも一般的です。

Ⅰ型アレルギーを誘導するのは、血液中に存在するIgE抗体ですので、血液中にどれぐらいのIgE抗体があり、そのIgE抗体がどのような抗原と反応するかを調べれば、アレルゲンを突き止めることができます。

血液検査のひとつに「ラスト法」(RAST法:放射性アレルゲン吸着法)という方法があります。

抗原を吸着させた濾紙などに患者の血液(血清)を作用させることにより、アレルゲンの特定とIgE抗体の量を測定することが出来ます。

また、アレルゲンと結合したIgE抗体の量を調べれば、アレルギーを引き起こすIgE抗体が血液中にどの程度存在するかということもわかります。


また、血液中の血球数を調べる検査で、好酸球(リンパ球の一種)の数が、通常より多いことは、アレルギーの大きな目安になります。

 <  前の記事 アレルギー治療の基本  |  トップページ  |  次の記事 食事療法の経過(071018)  > 


おすすめリンク