Top >  アレルギーの検査 >  アレルギーの検査3

アレルギーの検査3

血液検査や皮膚テストを行うことにより、アレルギーの原因となる抗原、すなわちアレルゲンを突き止めることができます。

しかし、これらの検査だけではわからない場合もあります。

食物アレルギーは、アレルゲンが分かりにくいアレルギーです。

食物アレルギーの原因を特定する際には、まず皮膚テストや血液検査で疑わしい抗原(食物)を絞り込みます。

そして、毎日の食事から疑わしい食物を除き、その結果を観察します。

アレルギー症状が、消えたり軽くなった場合は、逆にその食品を食事に入れ、量を増やしていきます。

そして、どこで症状が出てくるかを見ます。

なお、疑わしい食物を増やしていく試験は、アナフイラキシー・ショックなどの危険があるため病院に入院して行います。

 <  前の記事 卵醤でまた、感激(07/10/20)  |  トップページ  |  次の記事 アレルゲンの除去 1  > 


おすすめリンク