Top >  アレルギーの治療 >  ステロイド剤の副作用

ステロイド剤の副作用

ステロイド剤が持っている炎症を抑える効果は、非常に強力です。

しかし、その一方で、長期間にわたって使用すると、副作用が出てきます。

その副作用とは、副腎皮質機能の低下、成長障害、皮膚炎、皮膚の萎縮や色素沈着、消化性潰瘍、血糖値の上昇、顔や胴体に脂肪が沈着する中心性肥満、骨粗鬆症などです。

人の体では副腎皮質ホルモンがつねに分泌されており、そこに同じ働きを持つステロイド剤を投与すると、当然ながら体内のホルモンのバランスが崩れてしまいます。

しかしながら、アレルギーによる炎症を抑えるには、ある程度続けることはやむを得ないケースもあります。

ですので、ステロイド剤を使うときには、どの薬剤を、どの程度の量、どの程度の期間使うかという見極めが非常に重要になるのです。

”有能で、信頼のおける医師”の管理に従えば、以上のような副作用を特に心配する必要はないようです。

 <  前の記事 ステロイド剤  |  トップページ  |  次の記事 スキンケア  > 


おすすめリンク