Top >  アレルギーの対処法 >  スキンケア

スキンケア

アトピー性皮膚炎の患者は、アレルゲンを避けることや除去に加えて、スキンケアを行うことで症状を大幅に改善できます。

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリアー機能が低下しているため、アレルゲンやスーパー抗原が皮膚の角質層を通って体内へ侵入することで起きます。

アトピー性皮膚炎の患部では、角質細胞の隙間を埋めている脂肪(皮脂)が少なくなり、皮膚がうるおいを保てなくなり、かさかさした乾燥肌になっています。

その上、かゆい部分を掻きむしることで皮膚が傷つけられるので、皮膚のバリアー機能が低下します。

そうすると、アレルゲンが侵入しやすくなります。

そこで、スキンケアによって皮膚のバリアー機能を高めてやれば、アレルゲンは簡単に体内へ侵入できなくなります。

アトピー性皮膚炎の治療としてのスキンケアは、「石鹸などを使って汚れ(アレルゲンや細菌毒素)を落とす」、「保湿剤を使用して皮膚のうるおいを保つ」の2点です。

 <  前の記事 ステロイド剤の副作用  |  トップページ  |  次の記事 接触過敏症  > 


おすすめリンク