Top >  アレルギー 病気 >  接触過敏症

接触過敏症

漆(うるし)によるかぶれや、化粧品などで炎症が起きるのを、接触過敏症といいます。

この接触過敏症はツベルクリン反応と同じで、TH1細胞の働きによるⅣ型アレルギーです。

原因となるアレルゲンは、うるしや化粧品などに含まれる特定の化学物質です。

この化学物質が皮膚から侵入することでⅣ型アレルギーが起こり、炎症が起きるのです。

比較的分子量の小さい化学物質そのものには、リンパ球を刺激する能力はありません。

ところが、ときとして、体内に侵入した化学物質が皮膚組織のタンパク質と結合し、分子量の大きいタンパク質(「修飾タンパク質」といいます)が作られることがあります。

そして、この修飾タンパク質に対する免疫応答が起こり、問題の化学物質に対するTH1細胞が作られます。

これで、アレルギーの準備が整います。

後は、問題の化学物質が皮膚から入るたびにⅣ型アレルギーが起きることになります。

これが接触過敏症です。

 <  前の記事 スキンケア  |  トップページ  |  次の記事 気管支拡張剤  > 


おすすめリンク