Top >  アレルギーの治療 >  抗アレルギー薬

抗アレルギー薬

アレルギーになってしまったら、治療で、アレルギーになる前に戻すのは難しいことのようです。

しかし、「抗アレルギー薬」と呼ばれる薬を使うことで、アレルギーの症状を軽くすることは出来ます。

「抗アレルギー薬」とは、アレルギー反応に関係するヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が作られないようにしたり、その働きをジャマしたりする薬です。
                    
たとえば、活性化したマスト細胞は、平滑筋収縮作用を持つトロンボキサンA2という化学伝達物質が産生しますが、この物質はある酵素の働きによって、細胞に含まれるアラキドン酸という脂肪酸から合成されます。

「抗アレルギー薬」は、この酵素の働きをジャマして、トロンボキサンA2の産生を抑えてアレルギー症状を軽くします。

また、細胞のレセプターにフタをして、ヒスタミンが細胞のレセプターと結合するのをジャマをします(ヒスタミンの生成や放出には影響しない)。

 <  前の記事 気管支拡張剤  |  トップページ  |  次の記事 抗ヒスタミン薬  > 


おすすめリンク