Top >  アレルギーの治療 >  抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬

抗アレルギー薬は、「抗ヒスタミン作用」の有無によって大きく2種類に分類されます。

予防薬的に使う場合には抗ヒスタミン作用がないものを、即効性が必要な場合には抗ヒスタミン作用があるものを使います。

「抗ヒスタミン薬」とは、ヒスタミンの働きを抑制する作用をもった薬です。

細胞のレセプターにフタをして、ヒスタミンが細胞のレセプターと結合するのをじゃまをします(ヒスタミンの生成や放出には影響しない)。

ヒスタミン薬は、「血管の透過性の亢進を抑制して炎症を抑える」、「平滑筋の収縮を抑制する」といった効果を発揮します。

一方、抗ヒスタミン薬には服用後に眠くなるなどの副作用があります。

かぜ薬を飲むと眠くなるのも、薬に含まれる抗ヒスタミン薬の働きによるものです。


注:

抗アレルギー薬とは、アレルギー症状を起こす科学物質が細胞から放出されるのを抑える薬です。

 <  前の記事 抗アレルギー薬  |  トップページ  |  次の記事 ストレスと副腎皮質の機能  > 


おすすめリンク