Top >  アレルギー・喘息治療の民間療法 >  甲田光雄氏著 「根本から治す アトピー、アレルギー」

甲田光雄氏著 「根本から治す アトピー、アレルギー」

タンパク質は、胃腸で消化され、完全にアミノ酸にまで分解されてから、腸粘膜から吸収されるのが本来の正しいあり方です。

しかし、完全にアミノ酸にまで分解されないタンパク質も発生します。

そして、そのまま腸粘膜から吸収されて、アレルゲンになります。(食物アレルギーの機序

このとき、腸粘膜が正常であるならば、分解されないタンパク質は、腸粘膜から吸収されないと考えられます。

つまり、腸粘膜が正常ならば、アレルギーにはならないということです。

腸粘膜の異常とは、表面の傷やタダレのことです。

食物アレルギーのある人は、アレルゲンとなる食べ物を摂らないようにしますが、そうしたからといって、アレルギーが治るわけではありません。

腸粘膜を治さないかぎり、アレルギーは治りません。

つまり、腸粘膜を治せば、アレルギーが治るということです。

これは、断食によりアレルギーが治る例が多いということからの推論です。

断食中に、腸粘膜が治ると考えられるからです。

 <  前の記事 アトピー性皮膚炎の手当て  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー、気管支喘息、アトピー皮膚炎に効く断食  > 


おすすめリンク