Top >  アレルギーに効く食事と手当て >  アレルギー・喘息には少食主義

アレルギー・喘息には少食主義

アレルギーや喘息を治すのに、断食が有効ではありますが、では、断食でアレルギーが改善したからといって、元の食事に戻れば、またアレルギー・喘息が出てきます。

アレルギー・喘息に戻らないためには、少食主義にする必要があります。

少食主義とは、単に食事の量を少なくするのではありません。

やはり、体に良いものを選びます。

お菓子やジャンクフードなど、精白糖や食品添加物を大量に含んだ食べ物や、化学肥料・農薬をたっぷり使った野菜・穀物は避けるべきです。(すべての食品を、無化学肥料・無農薬にするのはほとんど無理なことでしょう)

炭酸飲料や、カロリーメイト・ウィダーインゼリーのような食事代わりと宣伝しているスナックも止めるべきでしょう。

簡単に言うと、工場で作った食品は避けたほうが良いということです。


コーヒー、紅茶、お酒などの嗜好品もほどほどにします。

食事内容は、野菜、根菜、雑穀、豆類を主にし、時々魚(小魚を丸ごと)、もっと時々に肉、とし、牛乳、乳製品は食べなくて良いです。(肉は食べなくていいです)

大体、アレルギー・喘息には、動物性食品(肉、魚、牛乳、乳製品)はあまりオススメではありません。

また、私たちが頂くものは、それぞれに命があるものですから、一粒の米、一枚の野菜の葉も無駄にせずに、感謝して頂くという姿勢が肝心です。


野菜、根菜類を食べていれば大丈夫というわけではありません。

体に良いからといって、ゴマをたくさん食べて、アレルギー症状が再発したケースもあります。

腸の中で異常発酵して、腸の粘膜を傷付けたのではないでしょうか。

小豆はビタミンB1や食物繊維を多く含む健康食品ですが、食べ過ぎるとこれもアレルギー症状をひどくします。

また、ケーキや菓子類を食べて、炎症が悪化したケースは、精白糖のとりすぎと思われます。

精白糖がアレルギー・喘息の原因とは考えられていませんが、精白糖が腸内で異常発酵したのでしょう。

少食主義は、食べ物の質が重要ですが、その量も重要であることがわかります。

 <  前の記事 アレルギー、気管支喘息、アトピー皮膚炎に効く断食  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー・アトピーを治す生菜食療法の好転反応  > 


おすすめリンク