Top >  アレルギー・喘息治療の民間療法 >  せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

●せき、たん、のどの痛み、気管支炎、ぜんそくに

・レンコン湯

・材料(1回分)

 レンコンのおろし汁  ・・・大さじ3 (とくに節の部分がよい)
 ショウガ汁       ・・・2、3滴
 自然塩         ・・・少々
 水            ・・・大さじ6~9

・つくり方&飲み方

 鍋に分量の水を入れて火にかけ、皮つきレンコンのすりおろし汁と塩、ショウガ汁を加えてサッと煮立てます。
沸騰する直前に火からおろし、温かいうちに飲みます。

1日2~3回。

※ぜんそくのせきどめに用いる人は、期間中、甘いものや果物を一切とらないことがポイントです。


●高熱をともなう激しい呼吸器系の症状に

・生蓮汁

ショウガとレンコンのもつ相乗作用が、激しい発作をしずめます。

・材料(1回分)

 レンコンのおろし汁 ・・・大さじ3(とくに節の部分がよい)
 ショウガ汁      ・・・小さじ1
 自然塩        ・・・微量

・つくり方&飲み方

皮つきレンコンとショウガはそれぞれすりおろし、絞ります。

これを湯飲みに合わせてから箸の先にチョンと付くぐらいの塩を加えて飲みます。

1日2~3回を目安に。

※鼻血止めの場合は、塩を加えたレンコンおろし汁を脱脂綿にひたして鼻の穴に詰めるか、その汁を100ml程度飲みます。


●肺や気管支のゆるみをおだやかに締めて、のどの痛みやせきを改善

・ひじきレンコン

胃腸病、貧血予防にもなります。

・材料

 ひじき   ・・・50g
 レンコン  ・・・150g
 ごま油   ・・・大さじ1
 しょうゆ  ・・・大さじ3~4

・つくり方

ひじきは洗って3センチの長さに、レンコンは薄いイチョウ切りに。
鍋にごま油を熟してレンコン、ひじきの順に妙め、かぶるぐらいの水を加えて中火で煮ます。
ひじきがよく煮えたらしょうゆ味をつけ、煮汁がなくなるまで煮含めます。


●呼吸器系の不調の改善に

・レンコンのきんぴら

・材料とつくり方

薄いイチョウに切ったレンコン200gをごま油で十分に炒め、水を少々加えてレンコンが透き通ってきたらしょうゆ大さじ1~2を回し入れて全体にからめます。

「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」(ソレイユ出版)より引用改変

 <  前の記事 気管支喘息を、断食で治療したケース  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーに効く手当て法  > 


おすすめリンク