Top >  アレルギーに効く食事と手当て >  アレルギーに効く手当て法

アレルギーに効く手当て法

● どくだみの煎じ汁のつくり方&用い方

ホーロー鍋か、土鍋にどくだみの乾燥した葉と、かぶるぐらいの水を入れ、中火で20~30分煎じます。
お茶として飲んだり、ローションや入浴剤にも。


● しょうが油の作り方と手当て法

ショウガをおろして絞り汁をつくり、同量のゴマ油を指で少しずつ混ぜながらよくあわせて、患部にすりこみます。


● ヨモギの煎じ汁の作り方と手当て法

ホーロー鍋や土鍋に適当な大きさに切ったヨモギの生葉(または陰干ししたもの)と、それにかぶるぐらいの水を入れて、中火で30~40分間煎じます。

ローションのように塗ったり患部を洗ったり、またはお風呂に加えます。

※量の目安は、生葉なら10gに対して、水を200mlです。


● 大根おろし汁入り玄米スープ

むりなくおだやかに作用して、熟を下げます。
アレルギー体質で赤い発疹が出る人は、お茶がわりに飲んでください。

・材料(1回分)

 玄米クリーム----小さじ1
 大根おろし汁----大さじ1
 水(または湯)--1カップ
 自然塩----------微量

・つくり方&飲み方

鍋に水と玄米クリームを入れてよく混ぜあわせます。
大根おろし汁と、箸の先につけた塩も加えてから火にかけ、沸騰直前に火を止めて温かいうちに飲みます。


● シイタケのスープ

・材料(1~2回分)

 干しシイタケ----中サイズを4~5個
 水--------------3カップ
 しょうゆ--------適量

・つくり方&飲み方

鍋にシイタケと水を入れて火にかけ、中火で20~30分煮ます。
スープの量が2/3~1/2の量になったら、おいしいと感じる程度にしょうゆを足します。
症状がひどいとさは400mlを、それ以外は200mlを飲みます。


● 松または栗の葉の煎じ汁

湿疹には松、栗、桃の順によく効きます。

松の葉の煎じ汁はジクジクの激しい湿疹や腹部の湿疹など、陰性度の強い症状に。

栗の葉の煎じ汁は湿疹にはそのまま使い、アトピーには薄めて用います。

葉の採取の時季は、栗は若葉のあとの青い葉を、松葉は一年中OKです。

・材料の目安
 松または栗の生葉(乾燥葉でもOK)---ひとつかみ
 水 ---------------------------------1リットル

・つくり方&用い方

洗った葉をあらく切り、バサッとかぶるぐらいの水と一緒にホ-ロー鍋か土鍋に入れて、約30~40分煎じます。
水の量が2/3ぐらいになったら汁をこし、この湯で患部を洗います。


● 大根干葉の湯

・腰湯の材料
 大根干葉-----4~5株
 (または市販のパック1袋)
 水-----------約5リットル
 湯-----------10~30リットル
 (自然塩)----1/2カップ

・手当て法
 
大鍋に干葉と水を入れて約40分間煮出し、たらいにエキスを移します。
少々熟いと感じる程度に差し湯をします(湯冷めしやすい人は塩を加えます)。
足はたらいから出して、腰だけつかります。
湯の温度が冷めたら熱湯を足し、額に汗をかく程度で、20~30分間、続けます。

・入浴剤の材料&手当て法

もめんの袋に大根干葉数株を詰めて口をしぼり、水から入れてお風呂を沸かします。


● ショウガの足湯

・材料と手当て法

洗面器などにがまんできるくらいの熟めの湯(45℃前後)を入れ、ショウガおろし(または粉末)を湯量の1/50ほど加えます。

足をつけ、湯の温度が下がらないようにときどき差し湯をします。

約15分ほど、うっすら汗が出るぐらいまで続け、最後にタオルで足をふきます。

寝る直前にすると効果的です。


「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」(ソレイユ出版)より引用改変

 <  前の記事 せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン  |  トップページ  |  次の記事 アトピー性皮膚炎の手当て  > 


おすすめリンク