Top >  アトピー性皮膚炎、根治の切札は生菜食

アトピー性皮膚炎、根治の切札は生菜食

玄米と生野菜汁の食事療法をしばらく続けて、アトピーの症状がかなり好転してきたら、根治食としての生菜食に入ります。
 
生菜食の実行方法はだいたい下記にしたがってやります。大人と子どもでは当然分量にちがいがあります。
 
断食や食物除去法で良くなった肌に比べ、生野菜食でもっときれいな肌になります。

(アレルギーにも応用できます)
 
・ アトピー性皮膚炎の生菜食療法(大人用の例)
 
①朝食を抜くこと。
 
②生水と柿の葉茶を、合計して1日7~8合ほど飲むこと。
 
③食事
 
  以下の献立を昼と夜に食べます。
   ・1食
    A.生野菜
      葉(250g)・・・ホーレンソウ、シャクシナ、レタス、チシャ、キャベツ。
      根(250g)・・・大根オロシ(100g)、ニンジンオロシ(130g)、ヤマノイモ(20g)。

    B.生玄米粉(70g)、塩(5g)

  (以上のほか一切のものを食べないこと)

④西式健康法

  ・床寝台(へいしょうしんだい)。

  ・裸療法 1日3回。

  ・温冷浴 1日1回。

  ・スイマグ(緩下剤 毎朝20mlを1合の水で飲む。

  ・金魚運動 1回2分、1日3回。

  ・毛管運動 1回2分、1日3回。

  ・合掌合蹠運動(がっしょうがっせき) 100回を、1日3回。

 <  前の記事 糖分はアトピーの大敵  |  トップページ  |  次の記事 生野菜食を中断するときの注意  > 


おすすめリンク