Top >  根本から治すアトピー・アレルギー >  玄米の少食で栄養失調にならないか

玄米の少食で栄養失調にならないか

玄米の少食は、量が少ないので栄養失調になるのではないか、あるいは、肉・魚などの動物性タンパク質を摂らないので、子供の成長に問題はないかなど、不安を抱く人がいます。

詳しくない人にとっては当然といえば、当然の不安です。

人間は、現代医学では考えられないような少食でも、健康な生活を送ることが出来ることが実証されています。

たとえ、発育盛りの子供でも、数ヶ月くらいの玄米少食(玄米、生野菜汁、少しの副食)でも、栄養不足になる心配はありません。

もちろん、血液検査など、メディカルチェックを受けながらやることが必要なことです。

若い女性には、玄米の少食を続けて、生理がなくなる場合もあります。

女性の体は、体脂肪率があるレベルより下がると、生理が無くなるようになっているようです。

これはやむを得ないことです。

半年、あるいは1年といった期間、生理がなくなっても、将来にわたり問題はないと思われます。

 <  前の記事 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を使っている場合  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーの食事療法の経過080212  > 


おすすめリンク