Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  アレルギーの食事療法の経過報告080326

アレルギーの食事療法の経過報告080326

1年前と比べて、私のアレルギー(咳喘息)の状態は、少々良くなったように思います。

といっても、吸入薬もフルタイド(ステロイド)とセレベント(気管支拡張剤)は吸入しています。

やっぱり、薬は使いたくないので、ちょっと調子がいい日は、吸入しなかったりしていしまいます。

それで、仕事中などに咳が出てくると、のど飴を舐めるようになりました。

飴で効果があります。

コンビニなどで売っている数種類ののど飴を試してみましたが、「龍角散ののど飴」が一番効果がありました。

砂糖が入っているので、良くないと思いつつ、薬よりはいいと思って舐めています。

自然食品店で、レンコン飴とテンサイ糖キャンディーを見つけ買いました。

レンコンは、アレルギーや咳に効く食品として有名です。

せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

また、このレンコン飴はあんまり甘くないので、その点でも気に入っていますが、1袋500円と高いのが難点です。

テンサイ糖(サトウダイコン)は、マクロビオティックスで勧めている糖分で、黒砂糖、蜂蜜などより良いとしています。

黒砂糖は、熱帯の植物なので、温帯の日本本土の住人には良くないとの考えです。

この、テンサイ糖キャンディーはやはり甘いですが、「龍角散ののど飴」のように後味が悪くありません。

 <  前の記事 アレルギーの食事療法の経過報告080325  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー(咳喘息)の食事療法の経過報告080327  > 


おすすめリンク