Top >  半断食-鶴見式半断食

半断食-鶴見式半断食

「スーパー酵素医療」などの著書で有名な鶴見隆史医師は、食事と酵素サプリメントでさ

まざまな疾病を治療している内科医です。

『「酵素」が病気にならない体を作る』という著書では、半断食を勧めています。

西式健康法や甲田光雄医師と同じように、宿便が万病の元ととらえているようです。

この半断食で、大腸にこびりついた宿便の大掃除が出来るとあります。

この著書には、ガン、気管支喘息、糖尿病、軽度慢性腎障害、メニエール病によるめま

い、肩こり、腰痛、頭痛が半断食で治った例が紹介されています。

この鶴見式半断食法は、

・土日タイプ

リンゴ丸ごと1個、ダイコンおろし(1回分は約8センチ)、おろしショウガ(1回約3センチ)

を毎週の土日に、朝昼晩と食べます。

・月一タイプ(3日間)

Aタイプ-野菜中心
Bタイプ-果物と野菜
Cタイプ-重湯(またはリブレスープ)メイン


早速、土日タイプをやってみました。

私は、リンゴもすって、混ぜて食べました。

やっぱり、咳は少なくなり、胸(気管部分?)はうんと楽になりました。(ベルトがゆるくなりました)

食事を戻した次の日から、咳も出てきました。

あらためて、食事と咳が関係していることがわかりました。

「酵素」が病気にならない体をつくる!―今日から始められる酵素食レシピ付

 <  前の記事 アレルギー(咳喘息)の食事療法の経過報告080327  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーの食事療法の経過080331  > 


おすすめリンク