Top >  朝食食べる派 >  朝食食べる派の意見について-その1

朝食食べる派の意見について-その1

朝食を食べるべきという意見は根強くあります。テレビ等のマスコミ上では、朝食を

食べるべきとの意見が大前提になっており、朝食を食べない人が増えていることを

心配しています。

朝食を食べない理由は、「食欲がない」、「時間がない」が二大理由です。

そうなるのは、夕食を摂る時間が遅い、寝る時間が遅いからです。つまり、生活の乱

れです。

この生活の乱れによる「朝食抜き」と、西式健康法などによる「朝食を摂らない」のと

は、根本的に異なります。

ここを間違えている人が多いように思います。

問題は、小学生、あるいは中高生で、朝食を食べる小学生が約8割、中学生では7

割だそうですが、内容は牛乳にパンあるいは、おにぎりとコーヒーといったお寒いも

のもあるようです。

朝食を摂ることが身体に良いか悪いかの前に、生活の乱れを正すために、朝食を摂

ろうという意見です。

もちろん、朝、一日のエネルギーを補給するという考えでもあります。

 <  前の記事 アレルギー(咳喘息)を食事で治す実践記録080406  |  トップページ  |  次の記事 朝食食べる派の意見について-その2  > 


おすすめリンク