Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  アレルギー(咳喘息)を食事で治す実践記録080513

アレルギー(咳喘息)を食事で治す実践記録080513

1年ぶりに、呼吸器科に受診しました。

この約1年間は、吸入薬(フルタイド=ステロイド200、セレベント50=気管支

拡張剤)だけもらいに行っていました。

吸入薬は、朝夕の1日2回の処方ですが、忘れたり、体調が良いと吸入しなかっ

たり、また、1種類だけ吸入したりしていました。

ここ2ヶ月くらいは朝1回で咳喘息の咳は治まっています。

それと、ネットでフルタイドは急性副腎不全のリスクが高い、というのを見つけ

たので確かめたいということもあり、久しぶりに受診する気になりました。


やはり、医者の診断なく、吸入回数を変えるのは気に入らないようでした。

これらの吸入薬は、12時間で分解するので1日2回が必要であること、止めた

り回数が少ないと、気管支粘膜が腫れて穴が小さくなり取り返しが付かなくなる

ので、回数を守るようにとあらためて言われました。

私はやっぱり、薬、特にステロイドは危ない薬だと思っているので、恐怖感を持

っていますが、担当医は理解できないようです。

世界でたくさんの人が使っているので安全だと強調していました。

血液にも出てこないとのことでした。


確かに、吸入を止めると、咳が出てくるので、止めるわけにはいかないのです。

担当医としては、私がそう考えようが、処方がもう決まっているので、別な方法

がないのでしょう、押し付けです。しかし、今のところそれしかないのです。


今日から、きちんと処方通りに吸入することにしました。そして、セレベントが

吸入しなくても済むようなレベルに持っていく、ということで話が付きました。


私はあらためて、食事療法でアレルギーを治すことにチャレンジしようと決意し

ました。

 <  前の記事 3つのT細胞の働きと連携  |  トップページ  |  次の記事 B細胞(Bリンパ球)-抗体を製造し、敵を打つ  > 


おすすめリンク