Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  好中球

好中球

皮膚や粘膜のガードを潜り抜けて、微生物が体内に侵入すると、貪食細胞といわ

れるグループが働きます。

その中で、一番にかけつけるのが顆粒球の一種の好中球です。

好中球は、普段は血管の中でパトロールをしており、最近などの異物を見つける

と、取り込んで殺菌します。

細菌をやっつけた好中球は、死に絶えます。自らの命を犠牲にするわけです。

好中球の死骸がたくさん含まれるのが、傷口の膿(うみ)です。


好中球が処理できるのは、大腸菌や緑膿菌、食中毒の原因となるブドウ球菌、扁

桃炎に関わる連鎖球菌などのサイズの大きな細菌類です。

また、好中球は2~3日と短い寿命であるため、細菌を完全に処理できないこと

があります。

その場合は、マクロファージの出番となります。


好中球の数が減少することがあります(白血病や薬剤アレルギーが原因)。

その場合は、感染症にかかりやすくなります。好中球が免疫の最前線で戦ってい

るからです。

 <  前の記事 アレルギーに深く関わる免疫  |  トップページ  |  次の記事 マクロファージ-異物をガツガツ食べる貪食細胞  > 


おすすめリンク