Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  マクロファージ-異物をガツガツ食べる貪食細胞

マクロファージ-異物をガツガツ食べる貪食細胞

マクロファージは、細菌、ウィルス、塵や埃まで食べてしまう貪食細胞の一種で

す。

異物を細胞内に取り込んで、酵素で殺菌処理をします。

肺は、呼吸により、埃や細菌を含んだ外界の空気が入ってくるので、つねに危機

にさらされています。そのため多数のマクロファージが存在します。

寿命が尽きた赤血球、白血球、血小板、抗生物質、死にかけたウィルスなどもマ

クロファージが片付け、キレイにします。

しかし、結核菌なども細胞内に取り込んで処理しようとしますが、完全にはでき

ません。

そこで、マクロファージは緊急事態をアピールします。

このアピールを、ヘルパーT細胞が察知し、キラーT細胞、抗体という武器を持

つB細胞などに働きかけてより強力な排除を行います。

マクロファージはアメーバの形をした原始的な細胞です。

赤血球、白血球、血小板は原始マクロファージが進化したものです。

 <  前の記事 好中球  |  トップページ  |  次の記事 T細胞(Tリンパ球)  > 


おすすめリンク