Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  3つのT細胞の働きと連携

3つのT細胞の働きと連携

T細胞は、「キラーT細胞」、「ヘルパーT細胞」、「サプレッサーT細胞」の

3タイプがあります。

キラーT細胞はその名の通り殺し屋です。

ウィルスに感染したり、ガン化した細胞(つまり非自己)を探し出してやっつけ

ます。

しかし、勝手に働くのではなく、司令官役のヘルパーT細胞からの命令により活

動します。

ヘルパーT細胞は、インターロイキンという物質を分泌し、キラーT細胞を活性

化します。

ヘルパーT細胞は、B細胞(リンパ球)にも抗体の合成を命令します。

そして、キラーT細胞やヘルパーT細胞が暴走しないようにコントロールするの

がサプレッサーT細胞です。

免疫システムが働きすぎると正常な細胞を傷付けるからです。


3つのT細胞の働きは以下のようです。

ウィルスが体内に侵入すると、マクロファージ(免疫細胞)が発見・処理すると

同時に処理断片を提示します。

それに気づいたヘルパーT細胞がインターロイキンを合成して、キラーT細胞を

活性化します。

活性したキラーT細胞は分裂・増殖し、ウィルスに感染した細胞に結合します。

その細胞膜に穴を開け、タンパク質分解酵素を入れて内部のウィルスも細胞その

ものも処理します。

一連の処理が終わると、今度はサプレッサーT細胞が反応が続かないようにブ

レーキをかけます。

このような連係プレイにより、免疫システムが成り立っています。


エイズは、マクロファージとヘルパーT細胞に感染し、免疫の連係プレイを破壊

して免疫力を低下させ感染症にかかりやすくなります。

 <  前の記事 胸腺-免疫細胞のエリートを育て選別する  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー(咳喘息)を食事で治す実践記録080513  > 


おすすめリンク