Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  B細胞が作る5つの抗体

B細胞が作る5つの抗体

人間のB細胞が作る抗体は、IgG、IgM、IgA、IgE、IgDの5種類です。

IgMは、感染初期に作られる抗体で、分子が大きく1つで約10個のウィルスを

やっつけることが出来ますが、寿命が約5日と短命です。


IgGは、1つで2個のウィルスしかやっつけることが出来ませんが、桁違いにた

くさん産生され、その上、寿命は23~28日と長期にわたって働き、病気を治

します。

胎盤を通過できます。


IgAは、母乳にたくさん含まれており、特に初乳(出産後数日間出るお乳)には

大量に含まれています。母乳で育った赤ちゃんは、このIgAに守られているため、

ミルクで育った赤ちゃんに比べて病気にかかりにくくなります。

鼻汁、唾液、涙、胃液、気道、消化管、生殖器などの粘膜分泌液に多く存在しま

す。


IgEは、アレルギーに関係します。

スギ花粉症の人が、スギ花粉を吸い込むと、IgEが作られ、くしゃみ、鼻水の元

になります。


IgDは、どういうものかあまりよくわかっていません。血液中にごく微量しか存

在しません。

 <  前の記事 B細胞(Bリンパ球)-抗体を製造し、敵を打つ  |  トップページ  |  次の記事 リンパ球の分担役割  > 


おすすめリンク