Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  リンパ球の分担役割

リンパ球の分担役割

T細胞とB細胞は役割が異なります。

T細胞は、直接、異物を攻撃しますが、B細胞は、抗体というミサイルでやっつけます。

T細胞は、自己に近い異物を相手にし、B細胞は自己とは遠い異物を相手にします。

ウィルスは自活できないため、他の細胞に寄生します。

細菌は、独力で生きていけます。

ウィルスは、私たちの細胞(=自己)に寄生します。つまり、自己に近いのでT

細胞が攻撃します。

細菌は、遺伝的に遠い異物なので、B細胞が攻撃します。


臓器移植は、必ず拒絶反応が発生します。

他人の臓器はやはり異物ですが、同じ人間なので、遺伝的に近い関係です。

ので、T細胞が攻撃します。

毎日、数千のガン細胞が発生するといわれています。それでも多くの人がガンに

ならないのは、免疫が働いているからです。

ガン細胞といえども、元は正常な自分の細胞です。ですから、ガン細胞もT細胞

が攻撃します。


こように、T細胞とB細胞は、うまく役割分担をしています。

 <  前の記事 B細胞が作る5つの抗体  |  トップページ  |  次の記事 NK細胞  > 


おすすめリンク