Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  NK細胞

NK細胞

NKとは「Natural」と「Killer」の頭文字です。

つまり生まれながらの殺し屋という意味です。

突然出くわした抗原もやっつけることが出来ます。


自己であることを示すHLA抗原を持たない細胞を攻撃するので、HLA抗原を

持たないガン細胞を攻撃します。

HLA抗原があるガン細胞は、T細胞が担当します。


NK細胞のの数は、20~30歳の健康な人で、リンパ球の約10~15%(抹消血液

中)、50~60歳で、約20%に増えます。

しかし、異物をやっつける力(活性)は、年齢と共に低下します。


また、活性は自律神経の影響を受けます。

リラックスして副交感神経が優位になると、活性は高まります。

ストレスを受けるなどして交感神経が優位になると、NK細胞は増加しますが、

活性は激減するので、役に立たなくなります。

ですから、50代以降で、ストレスの多い人は注意が必要です。

 <  前の記事 リンパ球の分担役割  |  トップページ  |  次の記事 サイトカイン  > 


おすすめリンク