Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  サイトカイン

サイトカイン

細胞同士は、サイトカインと呼ばれる物質で情報交換をしています。

マクロファージは、インターロイキン1を産生し、ヘルパーT細胞を活性化させます。

ヘルパーT細胞は、γインターフェロンを産生します。

このインターロイキン、γインターフェロンはサイトカインです。

他に、TNFやモノカインなど40種類以上のあります。


風邪を引いたときに熱が出るのは、インターロイキン1がT細胞を活性化するの

と同時に脳の視床下部にある熱中枢を刺激するからです。


サイトカインの作用は多様です。

1つのサイトカインが、複数の作用をしたり、数種類のサイトカインが重複して

ひとつの細胞に作用したりします。

また、細胞を増殖、活性化、逆に抑制、炎症を起こすなど、良い作用も悪い作用

も起こし、複雑です。


インターロイキン2やインターフェロンなどは、ガンの免疫治療に用いられます。

 <  前の記事 NK細胞  |  トップページ  |  次の記事 ジュースマシン  > 


おすすめリンク