Top >  アレルギーに関わる免疫とは >  免疫寛容のメカニズム

免疫寛容のメカニズム

免疫システムは、ウィルスや細菌、その他異物を排除して私たちの体を守ってく

れます。

しかし、本来あってはならないことですが、白血球が自分自身を攻撃してしまい

ます。この病気を自己免疫疾患といいます。

自己免疫疾患代表的なものは、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠

原病です。

関節リウマチは、白血球が自分の関節を攻撃し、関節痛、関節の変形が生じます。


免疫系は、なぜ自己を攻撃しないのか、はたまた時として自分の組織に反応する

のか、これは免疫寛容という現象が関与しています。


細胞の表面には「接着分子」という接着剤の役目を果たす分子があります。

この「接着分子」は他の細胞に信号を送ったり、受診したりします。


例えば、抗原を貪食したマクロファージは、「接着分子」から信号を送りT細胞

を刺激して免疫反応を開始させます。

では、このT細胞は、体内の臓器を攻撃しないのかというと、臓器の細胞には

「接着分子」がないのです。

ところが、たとえばウィルス感染による炎症などの影響で肝臓の細胞が「接着分

子」を発現するとT細胞に信号が送られて、肝臓を攻撃します。


ウィルス感染以外では、ある種の薬剤、紫外線、放射線が考えられます。

 <  前の記事 ぜんそく患者の体質に合う薬を、遺伝子型で見分ける手法を開発  |  トップページ  |  次の記事 離乳食を早く始めると、アレルギーになる  > 


おすすめリンク