Top >  アレルゲン >  「究極の免疫力」西原克成著 >  冷たいものの飲食がアレルギー、病気の元

冷たいものの飲食がアレルギー、病気の元

脳と腸は、一体となって働いています。
腸の平滑筋肉運動は、内臓脳(古皮質・旧皮質=大脳辺縁系)に指令を出しています。

指令を出しているのは、脳だけではなく、腸も指令を出しているのです。
腸管の蠕動運動(ぜんどううんどう)が、人の欲の源になっており、生命の生きる意欲(心)を作り出しています。

心は脳にあるのではなく、腸にあるのです。
脳は、心を外に出す窓口に過ぎません。

脳と、腸の神経細胞と、腸管の内臓平滑筋と腸粘膜上皮細胞は、ミトコンドリアがもっとも活発に働いている細胞です。

ミトコンドリアはエネルギー物質を作っていますが、寒冷刺激に大変弱いのです。
ですので、冷たいものを食べたり飲んだりすることは、ミトコンドリアの働きを弱めて、不健康あるいはアレルギーを含め、病気を引き起こすことになります。


「究極の免疫力」西原克成著、講談社インターナショナル

 <  前の記事 アレルギー、病気を治すには  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーなど免疫病の本当の原因  > 


おすすめリンク