Top >  栄養学によるアレルギー治療法 >  アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品) その1

アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品) その1

日本でもサプリメントを摂る人が増えてきました。

多くの人が、健康に不安を感じているからでしょう。病気や老化への不安もあると思います。

サプリメントは、薬局だけではなく、コンビニでも販売されるようになり、身近なものとなっています。


最初は、毎日の食事に足りない栄養素を摂るためのサプリメントでしたが、

より健康に、あるいはアンチエイジングのために摂ったり、

また、薬物療法の副作用を避けるためにサプリメントを摂る人が増えてきました。


フリーラジカルは、不安定で反応が高く、細胞から電子を奪い問題を起こします。

細胞を傷つけ、病気を起こします。

フリーラジカルの代表ともいうべきものが活性酸素です。

フリーラジカルによる損傷を防ぐために、抗酸化物質となるサプリメントと、他にビタミンCやEなどが

摂取されています。



抗酸化物質は結果的にアレルギーの症状を抑えます。

① ケルセチン

フラボノイドの一種で、オレンジ系のフルーツの皮の白い部分に特に多くあります。

他に、リンゴ、アプリコット、チェリー、クロスグリ、ブドウ、プルーン、エルダーベリー、ローズヒッ

プもケルセチンを含んでいます。


野菜では、ブロッコリー、コショウ、タマネギ、などです。

他に、ハーブチャービル、セイヨウサンザシ、トクサ、スギナ、ナズナなどにも含まれています。

ただし、どの食品にもケルセチンは大量には含まれていません。


・ケルセチンは、肥満細胞がヒスタミンなどを放出するのを防ぎ、アレルギー症状を軽くします。


また、ロイコトリエンの生成も抑えます。

ケルセチンは、同量のプロメラインと併用すれば効果が高くなります。

 <  前の記事 アレルギーの人の食品  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品) その2  > 


おすすめリンク